釣魚・フィッシュアート

釣魚アートの種類

FISH PRINT魚拓

貴方の釣った感動の一尾を美しく魚拓に残したい時には、すばる工房にご相談下さい。
当店での魚拓は【間接法】を用いて白黒・カラー(彩色)魚拓を制作致します。【間接法】では、通常の【直接法】魚拓とは違い魚に直接墨を塗る事はありません。
魚の上に布や紙を被せ丁寧に魚のウロコ一枚一枚を浮き出させる様に彩色していきますので、魚のどの部分もキレイに魚拓する事が可能です。
高度な技術を必要とする分、より美しい魚拓アートに仕上がります。

魚拓制作について 魚拓

STUFFED剥製

釣魚の姿を永遠に美しく残したい場合、『魚剥製』をおすすめいたします。
鮮度の落ちやすい魚を剥製として仕上げるには、特殊な技術を必要とします。
すばる工房の剥製は、仕上がりの美しさが自慢です。その分、制作期間は2〜3ヶ月、場合によっては半年から1年以上かかることもあります。
魚剥製は、職人の熟練した技を必要とします。ぜひお気軽にご相談ください。

剥製制作について 剥製

PLASTER石膏造形

釣魚をそのまま石膏で型取りし、雛形から実物型を作り出す作品です。
和柄職人としての彩色技術と造形力で、よりリアルに、より美しいデフォルメを施した魚造形をご提供いたします。

石膏造形について 石膏造形

SKELETAL SPECIMEN顎骨格標本

釣魚の顎骨の骨格標本を作成いたします。
釣魚を丁寧に処理し、永く愉しんでいただけるよう耐久性と美しさに秀でた標本をお作りいたします。
ご自身の釣った魚の骨格標本をアート作品のように愉しんで頂けます。

顎骨格標本について 顎骨格標本

FISH PRINT REFORM魚拓リフォーム

昔作成して劣化してしまった魚拓や、失敗してしまった魚拓を、美しく補修し、美しい魚拓アートに生まれ変わらせる。
これを魚拓リフォームと呼んでいます。
また、白黒の魚拓を美しく色付けする「拓脚色」も承っております。

魚拓リフォームについて 魚拓リフォーム

「すばる近代釣魚アート」の開業に至った訳とは…

私は静岡県浜松市で生まれ西側に浜名湖、南側に遠州浜、東側には天竜川、近隣では佐鳴湖と釣りをするには絶好の地域に生まれ育った為、子供の頃から父親に釣りに連れて行ってもらったり、友達と自転車で近くの沼地等にブラックバスや雷魚釣りに出掛けたりして釣りを楽しんでおりました。
本格的に釣りに凝り初めたのは十代終わり頃からで浜名湖の釣りにのめり込んで毎日と言う程、釣りに出掛けておりました。浜名湖近隣の釣具屋さん、釣り船店さん等々の釣り大会に参加し入賞したりしているうちに釣り雑誌、新聞の取材等で釣行したり、読み切りでの釣りコラムを書いたりする様になり、幾つかの釣り雑誌等でも連載を書かせて頂く様にもなりました。
しかし時代と共に紙媒体の売り上げが低迷し釣り雑誌社もバタバタ廃刊となり最終的に一社での釣りコラム連載と釣り連載漫画を執筆しておりましたが、その雑誌もついに廃刊となってしまいました。
長年、釣り業界に接していた分、寂しい気持ちでいっぱいでした。
私は釣りを自分で楽しんでいる頃から魚拓をするのが趣味でしたが、既に直接法から間接法を独自で学び自分なりに満足する作品を手掛けていたのですが、昔から親しくして頂いている釣具店さんで丁度、釣り雑誌の廃刊の話をしていた時に、『魚拓を商売にしてみたら?』と背中を押された事がきっかけとなり【すばる近代釣魚アート】を開業する事となりました。
その後、魚拓だけではなく魚剥製、石膏造形、顎骨格標本等々、フィッシュアート制作カテゴリーの幅を広げ現在の形となっていきました。
勿論、自分自身釣りも趣味で楽しんでおります。
浜名湖釣りクラブも自らが会長として発足し10年以上となります。
釣りを愛し、魚を愛す上でフィッシュアート制作に取り組んでおりますので釣人の気持ちは人一倍理解出来るので、釣人の感動の一尾を美しく永遠の形に残すお手伝いをしたいと常日頃から心掛けております。

PAGE TOP